2022年12月10日(土)

マスコミ・ソフィア会常任幹事会だより 2022年09月号

鈴木さんの写真600x800
マスコミ・ソフィア会会員の皆さま: 今月の「幹事会だより」は、鈴木顕宏(1996 経経)が担当します。現在、フリーランスの編集者をしています。 DX(デジタルトランスフォーメーション)がテーマのWeb媒体編集長をする傍ら、小規模小売店(町の〇〇屋さん)の経営を改善するコンテンツ制作をしていますが、世間でいう「今」と「ひと昔前」の両方に接していると、いろいろと考えさせられることがあります …»の続きを読む

マスコミ・ソフィア会常任幹事会だより 2022年07月号

諏訪さん165x165
マスコミ・ソフィア会会員の皆さま:  今月の「幹事会だより」は、諏訪なほみ(1965年外・仏)が担当します。  例年になく早い梅雨明けやコロナ禍の再拡大の兆し、終結の見えない軍事侵攻に心の平安を忘れかけていた人々に、7月8日元首相が狙撃され死亡という大きな衝撃が走り、心が大きく乱されました。ただただご冥福を祈るばかりです。  さて、私が卒業した1965年頃は、就職のための指定校推薦という …»の続きを読む

マスコミ・ソフィア会常任幹事会だより 2022年06月号

杉村さん260x260
マスコミ・ソフィア会会員の皆さま:  今月の「幹事会だより」は、杉村晃一(文新1964)が担当します。齢80を過ぎ、デジタルの流れについていくことができていない落ちこぼれ老人です。  デジタルの時代は、誰もが発信者になれる時代になったというのは事実ですが、他者に向けて発信された内容は如何でしょうか。新聞や放送といった旧来のメディアが持つ信頼度はまだまだ評価されています。伝達する手段が何であ …»の続きを読む

マスコミ・ソフィア会常任幹事会だより 2022年05月号

小原ルミ子500x500
マスコミ・ソフィア会会員の皆さま:  5月の「常任幹事だより」は小原るみ子(1972文社)が担当いたします。  「忙しいという字は、こころが亡びると書くので使いたくない」これは、作詞作曲家として活躍された新井満さん(1970法法)が、「お忙しいでしょう!」という問いかけに笑いながら返された言葉だと、知人から聞きました。第18回コムソフィア賞を受賞された新井さんは、昨年末お亡くなりになるまで …»の続きを読む

マスコミ・ソフィア会常任幹事会だより 2022年04月号

murata500x500
「ロシアが気に入らなければ、文字まで!?」 まずは、今回の通信のテーマにつながる個人史から。 48年間プロデューサーを続けてきた旅番組「遠くへ行きたい」(毎日曜朝YTV—NTV)が放送51年目に入るのを機会に番組を卒業することに当たって、次はどんなことするかなと考えた時、大学の社会人講座・ロシア語講座の案内を目にしました。「そういえば卒業以来、ロシア語に全く触れることなく過ごしてきたな …»の続きを読む